応用粒子線科学専攻

よう こそ

 本専攻は理工学研究科の独立専攻であり、多様な学部や学科の出身者を入学対象としています。 中性子線をはじめ、陽子線、γ線、電子線、X線、レーザー等を利用して、タンパク質などの生体物質、固体・液体・気体、プラズマ状態の物質の構造解析とそ の応用を中心とした教育と研究を行い、旧来の枠組みにとらわれない新しいタイプの研究者・技術者の養成を目指しています。量子基礎科学、構造生物学、中性 子材料科学、エネルギー・リスク情報科学の基幹4講座と基礎原子力科学の連携講座で構成されています。

専攻の概要

2004年,茨城大学大学院理工学研究科に独立専攻として応用粒子線科学専攻が設置されました。 本専攻では、中性子線をはじめ、陽子線、γ線、電子線、X線、レーザー等を利用して、タンパク質等の生体物質、 固体・液体・気体・プラズマ状態の物質の構造解析とその応用を中心とした教育と研究を推進していきます。 また、本専攻は、現在建設中の大強度陽子加速器研究施設(J-PARC)をはじめ、総合的原子科学研究施設の集積する 地域にあるため、近隣研究機関と連携し、世界レベルの教育研究拠点形成をめざしています。そして、産学官共同 研究の推進により科学と産業の新興と発展に寄与すると同時に、茨城県下におけるサイエンスクラスターの発展に 貢献しようとしています。総合的原子科学の最先端研究成果が新産業創出に直結するこの時代において、本専攻は 新しいタイプの研究者・技術者の養成をめざしています。  挑戦意欲のある学生諸君の入学を心より歓迎します。

連絡 先

専攻長 佐久間隆 教授
〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1(水戸キャンパス)

副専攻長 湊淳 教授
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町 4-12-1(日立キャンパス)

就職担当 西野創一郎 教授
〒316-8511 茨城県日立市中成沢町 4-12-1(日立キャンパス)